Please reload

良かったデザインメモ

気が付いたら3か月もブログを更新しておりませんでした。

この3か月はなかなか怒涛で・・。色々ありました。

ありがたいことに忙しくしておりました。

 

設計デザイン請け負わせて頂いてる会社様の案件2件目も無事に完工出来ました!

 

㎡数はコンパクトですが、明るい素敵なお家になりました。

 

残念ながら事例写真の紹介は出来ないのですが、今回採用して素敵だったなと思う商材紹介致します。

 

□ 白タイル×白目地

 

今回キッチンの背面にカウンターを設け、そこにタイルを貼りました。

採用したのは平田タイルのSBW-730GW『サブウェイ』というシリーズ。

横30cm×縦7.5cmとタイル自体も大きめ。

 

最近は白いタイルに目地をグレーにして、はっきりと違いを見せるのが人気です。

ヨーロッパの地下鉄の壁に貼られている雰囲気と似ていることから『サブウェイタイル』と呼ばれて親しまれています。

 

今回は、白いタイルにあえて白の目地ですっきり納めました。

お客様とも「目立たなくなっちゃうかな~」なんて心配していたのですが、ここはあえて上級者、白の違いを楽しみましょう!と採用。

 

さりげない白タイルと木製の棚がマッチした、上品で洗練された雰囲気になりました。

 

 平田タイル カタログ236ページより参照

 

□ 白いフラット扉×木製つまみ

 

自宅でも採用しましたが、棚の一部に扉をつけました。

フラットの白の扉にTOOLBOXの木のツマミを採用しました。

 

ツマミの木と白のコントラストがたまりません。

シンプルなので比較的安価に扉がつけられ、こなれた感じになるのでオススメです。

 

 

 自宅で採用したとき。木の棚との相性が良いです。

 

□ オスモ ウッドワックス パイン#3123

 

今回建具はほとんど無垢に。

その際に塗装につかったのが、こちら。オスモ ウッドワックス パイン#3123。

 

オスモ&エーデル株式会社 HPより参照。

 

こちらの塗料。絶妙な色加減で素敵でした。

パインほどカジュアルすぎず、チェリーほど赤すぎず・・・。

グレイッシュなトーンにも合う色目で良かったです。

 

木部の塗装色を変えるのは、やっぱりオスモが一番綺麗だなと思いました。

オススメです。

 

現在も一件、工事進行中です。

天井はマンション躯体のコンクリートをむき出しに、床にはグレー塗装されたクリのフローリング、棚関係は古材でつくるとっても味のあるお家になりそうです。

 

来月完工!

 

またレポート致します!

 

 

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

RECENT POSTS

Please reload

ARCHIVE

Email:shimizu.interior@gmail.com

​事務所所在地:東京都府中市

Email:shimizu.interior@gmail.com

​事務所所在地:東京都府中市

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon