Please reload

家づくりのパートナーの選び方

私は今までインテリアデザイナーとして沢山のお客様の家づくりに携わってきました。


その中で培われた「こうしたらよいものができる」「こうしたら喜んでもらえる」といった経験をもとに仕事しています。

 

 

先日、とある会社さんとお仕事をしました。
ハウスメーカーさんの新築内装のインテリアコーディネートのお仕事です。

 

 

ここで、会社ごとの家づくりの捉え方がこんなに違うのだと体感することが出来ました。

 

このお仕事の場でわたしに求められたのは「効率よく仕様決定をする」という作業


厳選された商品の中から、いかにお客様を迷わせず、効率的に・効果的に仕様を決めていくかということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今までのわたしはと言えば、「お客様がつくりたいもの」が第一前提にあって、
それをどうやったら実現できるかを検討する・・・といったスタイルで突っ走ってきました。

 

 

こういうと聞こえは良いですが、

 

つくりたいものを実現するためには、たくさんの商品を調べて検討してベストを探る作業が必要。


新しい商材をつかうというリスクを現場監督さんや職人さんに負ってもらうリスクが必要。


たった一か所の見え方でも楽なほうではなく、表現したいほうを選ぶので半日で終わる作業が一日に伸びたりする。

 

とても非効率なものでした。

 

 

人が動くということにはコストがかかるので、ボランティアではなく会社でやっている以上、規格化をして、人件費やコストを抑えて、いかに優れた品質の物を沢山のお客様に届けるかが必要になってくるのだと思います。

 


そんな組織の中では、きっと私は自己満足の面倒くさい奴なのだと思います。笑

 

 

 

 

 

 


何が言いたいかというと、会社や組織ごとに掲げている理想や正義は全く違うのだということ。

 


どちらが正しいというのはなく、会社側もそしてお客様個人の側もどんな考えの人とパートナーになるのかが本当に大切なことなのだと思いました。

 

 

建築やインテリアの世界は営業さん・デザイナーさん・設計士さん・現場監督さん・職人さんだれか一人では絶対できるものではありません。


どうしたって分業しないと成り立たない世界です。


でも、同じ理想や正義を持つ人の周りには同じような考えの人が集まってくるとは思います。なぜならお互いに一人では仕事ができないからです。

 

 

 

 

 

 


私は今まで同じような理想をもって頑張っていける仲間に恵まれていました。

 


HPに載っている自宅も、同じ気持ちで頑張ってくれる工務店さんと一緒につくりました。

 

この周りにいる方々を大切にして、自分の意思をしっかりもって仕事に取り組んでいきたいと改めて思いました。

 


そして、同じ理想に向かって下さるお客様を大切にして、喜んで頂けるようなお仕事をしていきたいと思います。

 

会社をでて一人になって、色々な考え方の人に会う中で大切にするものや守るべきものをしっかりと自身がもたないといけないと思います。

 

 

 

 

 

色々とあり色々と考えたので、お花を買ってブログを書きました。笑

 


ふ~。一息。

 

 

また新しい世界を積極的にみて、考え方を深くしていきたいと思います。

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

RECENT POSTS

Please reload

ARCHIVE

Email:shimizu.interior@gmail.com

​事務所所在地:東京都府中市

Email:shimizu.interior@gmail.com

​事務所所在地:東京都府中市

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon